Happy Life

ジャンル問わず気になったことや興味があることをまったり書いてます。

海水浴の持ち物リストこれを持って行けば便利な21選!

梅雨も明けて夏本番ですね!夏といえば、海やキャンプに花火大会などさまざまなイベントが続き、休みがいくらあっても足りないくらいですよね!

今回のテーマは「海」でいきたいと思います。

 

いざ、海水浴に行こうと思って準備をするときに「何を持っていけばいいのかなぁ?」とか「小さな子供がいるから持っていくと便利なものとかあるのかなぁ?」など、悩んでる方のためにピックアップしてみました。

 

題して「海水浴の持ち物リストこれを持って行けば便利な21選!」

 海水浴に行った時にあったら便利なアイテム21選

f:id:kajitomo1122:20190803133835j:plain

 

着替え 水着

当たり前なんですけど、これは絶対に忘れちゃいけません。

着替えは、すぐに着替えができ汚れてもいい服装がおすすめです。


帽子

ツバが6㎝以上の帽子がおすすめです。顔に浴びる紫外線が半分になります。


サングラス

サングラスは色が濃いレンズの方がいいのではないか?と思われている人もいますが、色と紫外線カットの性能は関係ないそうです。


紫外線カットのサングラスを選ぶときは、レンズの色ではなく、サングラスの性能を確認することがポイントです。

 

例えば、「紫外線透過率~%」と表示されている場合は、そのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字です。低いほどレンズの性能が優れています

「紫外線カット率」と表記してある場合は、数値が高いほうが性能がよくなります

 日焼け止め

これも、水着や着替えと同様に忘れたら大変です!

 日焼け止めを塗るタイミングや持続時間について

 

日焼け止めを塗るタイミングは30分くらい前がいいと言われています。

なぜなら、日焼け止めの成分が肌に浸透するのに30分程かかるからです。

 

ですから、日焼け止めを塗るタイミングは30分前がベストです。

 

日焼け止めの持続時間も気になるようでしたら、できるだけSPFの数値が高いものを

購入するといいです。

なぜなら、SPFの数値は、日焼けしにくいですよって意味ではなくて効果が持続しますよって意味なんです。

ですから、日焼け止めはSPFの数値が高いものを選んだほうがいいです。

 

ラッシュガード 

今では、海水浴には欠かせない必須アイテムになってます。日焼け対策にも効果的です。

もともと、サーフィンやマリンスポーツのアンダーウェアとして、肌の保護や体温の低下を防ぐために着用していました。

長く海水に入っていると体が冷えてしまうのでラッシュガードはおすすめです。

 

ビーチサンダル・マリンシューズ

天気の良い日などは、砂浜はとても熱くなり、裸足で歩くのは危険です。

 

特に小さなお子さまには、マリンシューズがおすすめです。海に入ると脱げやすくなるので、サイズはピッタリめなサイズを選ぶといいですよ。

 
レジャーシート

滞在時間が長くなる海水浴にはレジャーシートは必須になってきます。できれば大きめなサイズを選ぶといいですよ。

 

防水で砂がつかない全体撥水性のレジャーシートなどもあります。

 

テント・パラソル

最近は、パラソルと同じくらいテントを使う人が増えてきてます。

例えば、テントなら人目を気にせず、着替えもできちゃいます。

週末の海水浴場は、 たいへん混雑が 予想されます。更衣室を利用するにも、並んで待ったりすることもあります。そんなときに、テントがあれば着替えも楽々ですよね。

また、赤ちゃんがいるママさんなら、周りを気にせず授乳もできると思います。

 

ポップアップテント

置いた瞬間、「ポンッ」と広がって設置ができてしまうテントです。女性でも簡単に設置ができます。ただ、たたむ時は少しコツがいるので、自宅の庭や、広い敷地で練習したほうがいいと思います。

 

ワンタッチテント

骨組みである脚を持ち上げて設置するタイプのテントです。骨組みがしっかりしていてポップアップテントよりも丈夫で人気のテントです。

 

パラソルはテントのように、周りの人目を気にせず、「自分たちだけの 空間的」なようなものはありませんが、テントに比べたら、設置するのも簡単です。また、テントの場合、海水浴場が 混雑してテントが設置できる スペースが無いといった可能性もあります。

 

浮き輪

浮き輪は大人から子供まで大活躍の海水浴グッズですよね!デザインがとても可愛い浮き輪もたくさんあり、浮き輪選びも楽しいですよ。

小さなお子さまには、腕につけるアームリングもおすすめです。


 クーラーボックス

海に行く前に、コンビニやスーパーで飲み物などを買っておいて冷やしておくのに、とっても便利です。

お子さまがいる場合などは、飲み物以外にゼリーなども冷やしておけば喜んで食べてくれると思います。

保冷剤を入れる場所は、冷たい空気は、上から下にいきますから保冷剤は飲み物や食べ物を入れた一番上に置いておくといいですよ。

飲み物を凍らせておけば、保冷剤の代わりになったりもします。

 

スマホ防水ケース

今は、海水浴に行くとスマホを触ってる人がほんとに多いですよね。スマホ防水ケースがあれば、砂や海水からスマホを守ることができます。砂や海水に濡れそうで心配な人にはおすすめです。

 
砂遊びができるグッズ

小さなお子さま連れの人には絶対にあったほうがいいグッズではないでしょうか?

海に入るのに飽きてしまったお子さまのために、準備しておくといいと思います。

 
水あそび用おむつ

まだ、おむつがとれていないお子さまの為の必須アイテムです。お忘れのないようにしてください。


ウォータータンク

あったら便利なアイテムです。海水浴場には、シャワー室があったりしますが、休日の海水浴場はとても混雑しています。海水や砂がついた体を荒い流すのにとても便利で役に立ちます。

 私はポリタンクを使ってます。たっぷり入ってとても役にたってます。

 

防水バッグ ポーチ

バックのおすすめは、ビニール製のトートタイプ

安いもので十分です。

ポーチもビニールクリアポーチなどで良いでしょう。

 

ウエットティッシュ

食事をする前に手を拭いたり、体についた砂や、レジャーシートにこぼれた飲み物を拭く時にとっても便利。

まだ、うまく食事ができない小さなお子様のためにも、あったら便利なアイテムです。

 

冷却グッズ

熱中症対策のアイテムとしてとても便利です。

もしも、熱中症になったら、大きな動脈がある首筋や、脇の下、足のつけ根を冷やすと体温を下げることができます

 

まとめ

海水浴に行ったときにあったら便利だなと思ったものをピックアップしてみましたがいかがだったでしょうか?

たくさんありすぎて荷物になってしまうかもしれないですけど、この中で、あなたが必要なものだけをピックアップして持ち物リストにいれてみてください。

 

最後までご購読ありがとうございました♪